ファイヤーライフ愛知南のスタッフが日々のできごとや薪ストーブの豆知識など色々なことを綴って行きます!

2012.7.27

あえて!夏の薪ストーブクッキングイベント

いよいよ夏本番

 

「夏は暇でしょ」 と言われる 薪ストーブ屋

 

「めっちゃ忙しいですよ」 と答えるのは負け惜しみ?

 

それでは自ら暑い夏を更に暑くすべく

 

 

暑い夏だから

 

あえて

 

薪ストーブによる

 

夏野菜カレー と ナン

 

クッキングイベントを開催

 

 

 

暑い夏は から〜い カレー を食らう

 

薪ストーブをガンガン焚いて

 

汗 ガンガンかいて

 

カレー ガンガン 食べましょう

 

数量に限りはありますが

 

結構 ご用意さしていただいています

 

あまり深く考えず とりあえず遊びに来てください

 

きっと元気になれますよ(笑)

 

 

|日記|HIROYUKI MURAKOSHI|TOP|

2012.7.22

「炎」返し

ファイヤーライフ勉強会の余韻覚めやらぬ

 

この時(疲れが抜けきれない)に

 

新たな試練が与えられた

 

埼玉西店 大田さんからの

 

「詩集」リレーのご指名

 

ゲリラ参戦に対する報復なのかお仕置きなのか(笑)

 

ここは 心してお受けし バトンをつなぎます

 

さて

 

太田さんより感想をそえて と言われましたが

 

感想を述べる知恵も最良もないため

 

ここはあえて同じ お題 同じ 想定にて走ります

 

太田さん これで許してください(笑)

 

 

「炎」

 

むかし むかし そのまたむかし

君とぼくは仲良くなった

君が大事にしてくれたから

僕も一緒にがんばれた

 

寒い日には暖めて

怖い獣は追っ払い

おいしい食事をたのしんだ

 

君のよろこぶ顔がここにある

だから一生懸命がんばれた

君と僕は仲良くなった

 

 

ながく ながく ずっとながく

君と僕は仲良しだった

エレキなるものあらわれて

ずいぶん遠くの君がいる

 

スイッチ ピッは便利だな

時間も手間もかからない

僕は不便でめんどくさい

 

君と仲良くしたいのに

僕はどんどん離れてく

僕には何だか解らない

 

 

つらく かなしく さびしくて

君とはもう無理なのか

あきらめかけたその時に

ファイヤーライフがあらわれた

 

君の居場所はここですよ

やさしく僕に微笑んで

薪ストーブのプレゼント

 

僕の居場所が見つかった

窓の向こうに君がいる

楽しそうに微笑んで

 

 

これから ずっと この場所で

君たちみんなを眺めよう

君の笑顔が好きだから

僕も君とは離れない

 

エレキは便利なやつだから

仲良くいっしょにがんばろう

みんなが仲良く暮らすため

 

僕はここでがんばります

窓の向こうの幸せは

亡くしてならない物だから

 

 

ファイヤーライフ ありがとう

 

 

 

 

こんな手紙が届いたら

 

薪ストーブ屋冥利に尽きますよ  ね!

 

 

太田さん こんなんで勘弁してください

 

続きは次回の懇親会で

 

一献傾けながらじっくりやりましょう(笑)

 

 

さてさて ここからは

 

この試練を乗り越えた物だけに与えられる ご指名権

 

南大阪 白草社長

 

先日の勉強会でお会いできなかったので

 

難波パワーを感じさせていただける一作を

 

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

|日記|HIROYUKI MURAKOSHI|TOP|

2012.7.19

ファイヤーライフ勉強会

7月17・18日の二日間で開催された

 

ファイヤーライフ勉強会

 

この「勉強会」というタイトル

 

ブログにアップするにも少しベタでは?もうちょこっとかっこよく?

 

と進言したものの

 

「ファイヤーライフは一生 勉強」

 

と 一括 

 

ファイヤーライフの根っ子はここに在り

 

と思いさらされる一言でした

 

 

 

さてその勉強

 

初日はなんと 東京大学 工学部での講義に参加

 

今をときめく

 

前研究室 准教授 前真之さん

パッシブデザイン協議会代表理事 野池政宏さん

 

住宅にかかわる熱エネルギーと温熱環境の分野では

 

日本で最もホットなお二人の講義を立て続けに受けれる機会はそうはない

 

 

 

 

 

真に贅沢なひと時

 

当然ですがその内容もかなり濃く深〜いお話

 

普段聞きなれない単語がならぶ難解な内容を

 

非常に解りやすく楽しく勉強することができました

 

 

 

この講義の詳しい内容を知りたい と思われた方は

 

お近くのファイヤーライフへお越しください(笑)

 

 

 

そしてお決まりの安田講堂

 

 

 

 

この画像では見えませんが皆メッチャ笑ってます

 

 

 

そして お待ちかねの懇親会

 

ここでは更に元気なファイヤーライフ

 

 

今回は東京での勉強会

 

なんと第一ホテルのラウンジ

 

佐藤代表のこの笑顔が全てを物語っています

 

 

 

が この贅沢な演出とその笑顔が 何を意味していたのかは・・・

 

 

 

夢のような晩餐から一夜明け

 

ここからはいつもの勉強会

 

代理店の仲間の顔から昨夜のゆるさが消えている

 

 

 

 

今回は私も時間をいただき

 

低酸素住宅・地域材利用委員会 として

 

実質的にこれから始まる

 

(仮)STOVE HOUSE PROJECT

 

の 概要とこれからを報告

 

続いて

 

 

プロモーションデザイナーの

 

ブルックスタジオ 藤田さんが

 

薪ストーブにおけるマーケティングとブランディングを

 

解りやすくお話いただいた

 

 

そして 佐藤代表

 

 

 

まもなく上がるであろう消費税率

 

急下落する日本の人口

 

一刻の猶予もままならぬエネルギー問題と

 

これから我々が進むべき道 その先にあるもの

 

佐藤イズム 全開の4時間

 

ここでの詳しい内容は社外秘となる

 

 

お近くのファイヤーライフへ行っても

 

何も教えてくれないのは ご理解を

 

 

さてさて こんな感じの二日間

 

毎度のことであるがこの勉強会

 

あまりにも沢山のことを一気に叩き込まれ

 

しかも課題?まで持たされる

 

帰りの新幹線

 

疲れているのに寝れないのは私だけ(笑)

|日記|HIROYUKI MURAKOSHI|TOP|

2012.7.13

「詩集」リレー

決して何か意味があるわけでは無いのですが

 

結果的には

 

「詩集」リレー ゲリラ参戦

 

という形になってしまいます

 

埼玉西店 太田様 お邪魔をしまして 誠に申し訳ありません

 

 

 

何を血迷ったのか 書き始めてしまいました

 

詩とは何ぞやとかも解らず 無い知能と時間をを随分と費やして

 

 

せっかく書いたので お読みください

 

 

 

「 結 」

 

天空から 幾筋の白糸

 

目を凝らす

細いのや太いの

赤いのや黒いの

1本だけや束もある

 

2本の糸を

やさしく結ぶ

やさしくなれた

 

こっちも結ぶ

いそいで結ぶ

あわただしくなった

 

複雑にからんでる

ほどいてやろう

なかなか頑固

焦らず ゆっくり 落ち着いて

 

自ら結ぶ

知らずに結ぶ

結んだ先はわからない

だからおもしろい

 

ファイヤーライフの豊かな糸は

 

おおくの糸と結ばれる

 

 

 

満天夜空をあおぎみる

輝く星を結んだら

「薪ストーブ座」あらわれた

 

そこに寄り添う星がいる

迷わず結んでながめたら

笑顔の家族があらわれた

 

かすかに光る星がいる

何か気になる星だから

そこも結んでおこうかな

 

たくさん結んでながめたら

夜空におおきな絵となった

幸せいっぱい 夢いっぱい

 

 

まだまだ広がる満天夜空

星を結んで線にして

ゆかいな仲間とつながって

楽しくお絵描きつづけよう

 

ファイヤーライフの輝く星は

 

おおくの星と結ばれる

 

 

 

 

人生初の 詩? です(汗)

 

(修平君 これはキツイですね)

 

お読みいただき有難うございました

 

 

 

 

 

 

|日記|HIROYUKI MURAKOSHI|TOP|

2012.7.9

(仮)STOVE HOUSE PROJECT 目的

先回のブログ さわりだけの告知をさせて頂いた

 

STOVE HOUSE PROJECT

 

このプロジェクト名は 仮 ということをお伝えします(汗)

 

(仮) STOVE HOUSE PROJECT

 

正式名が決まり次第報告しますのでしばらくはこのタイトルで走ります

お詫びから始まると中々入り難さを感じていますが

モチベーションを上げて行きます(笑)

 

 

さて今回のプロジェクトのなり染めから少し

 

私がファイヤーライフグループに加盟させて頂いてしばらくたった時のこと

突然 佐藤代表から1本の電話

「低炭素住宅・地域材利用委員会の委員長に決まったからお願いね」

ガチャ

っと切れた(いつもこんな感じです)

 

思い返せばあの時から始まったと言ってもいいのではと感じます

薪ストーブをもっと日本に広めよう

そんな話を佐藤代表とはコンコンと話しました

 

そんな話をしている折

我々を取り巻く情勢がは目まぐるしい変化を起こし

まさに変革の時代を迎えることとなりました

最初はボチボチ焦らずにと始まった低炭素住宅・地域材利用委員会に

 が佐藤代表からの一本の電話

「明日 水戸へおいで」

ガチャ(この頃は大分慣れてます)

 

それから始まった壮大な思いと構想に

「どないしよ?」と思いながら駆けずり回ること半年

やっとスタートラインに立つことが出来ました

 

いままで明確な報告が出来なかった(しなかった)もどかしさが無くなり

これからは どんどん報告していきますので宜しくお願いします

 

さて 前置きが長くなりましたがここからはもっと長くなります

 

 

今回のプロジェクト 目的は何処にあるか

 

現在の日本では一般的に薪ストーブは趣味嗜好品としての価値が大きく

その存在は特別なものとして考えられている

 

実際薪ストーブを使用しているユーザー達は穏やかな暖かさに包まれながら

ゆらめく炎に魅了され、料理を楽しんだり、薪造りに精を出す

そのライフスタイルに大きな存在となり 豊かな暮らしが生まれる

 

ここが薪ストーブの本質であり 楽しく豊かな暮らしのアイテムである

 

しかし 地球温暖化問題から住宅の省エネルギー化が促進

 

更に3.11の震災が日本のエネルギー事情に大きな変化をもたらし 加速度が増した

 

今後、日本の住宅には

 

更なる省エネギ―性の高い(高気密高断熱な)住宅が求められ

創エネと称して太陽光電池が屋根一面に並び

使用電気量をHEMSにより管理するスマートハウスなる物が主流になっていく

 

聞くところによると太陽光発電が新築住宅に義務付けされる ・ ・ ・ なんて話もある

 

このような住宅情勢の中で薪ストーブはどのような扱いのなるのだろうか?

 

太陽エネルギーを奪い合う屋根面に突き出る煙突は ・ ・ ・

室内では、断熱性を高めた無暖房住宅なる物が現れ、その大きな熱源が ・ ・ ・

 

何とも悲しい未来が必然として見えてくる

 

このままいくと 日本の住宅から薪ストーブが消えていく ・ ・ ・ 

というようなネガティブなベクトルは我々ファイヤーライフにはない!

 

そこで 「日本により良い薪ストーブ文化を創る」 と宣言している

 

ファイヤーライフはプロジェクトを始動

 

先程も述べたように薪ストーブはただ暖房するだけではなく 暮らしを豊かにするアイテム

もうちょっと言わせて頂くと

忘れかけた良き日本の暮らしを呼びさまし文化的な暮らしを形成するきっかけとなる と本気で思っている

 

しかし このような主義主張ではこれからの住宅に薪ストーブの居場所はない

 

現在 国が住宅に課しているのは省エネルギー

 

高断熱性や太陽光発電、高効率家電、太陽熱利用、更に国産材利用など

補助金制度なども絡め推奨しているもとは全て省エネルギー(省CO2)

 

 

そこで 「薪ストーブ と 省エネルギー」 (ブログリレーのタイトル風(笑))

 

薪ストーブによる暖房は省エネルギー的には 「ゼロエネ」 ゆるぎない真実です。

 

しかし 残念なことに現在の日本において薪ストーブの評価どころか

木質系バイオマスエネルギーの評価もない 消費エネルギーを薪ストーブで暖房する時は

FF式石油暖房機で評価しなければならないと言う悲しい状態

 

しかし、環境先進国と呼ばれる国々では木質系バイオマスエネルギーはしっかりと評価され

当然薪ストーブによる暖房も評価されている

 

このような状態では薪ストーブのある暮らしに憧れる多くの方々の夢が夢となってしまう

 

そこで

 

(仮)STOVE HOUSE PROJECT と称して 実物の住宅を造ります

 

この住宅を造る 目的 

 

               ・ 薪ストーブの性能の最適化を探る為の各測定

 

               ・ パッシブデザインと薪ストーブによる再生可能エネルギー住宅の実証

 

               ・ 薪ストーブの最適化を実現した温熱環境と火のある暮らしの実現

 

 

物凄くザックリとまとめた3つ内容となりますが

 

全国のみなさんが茨城県水戸市までお越しいただき

 

目で見て話を聞いて頂く価値のあるものに 必ずなると自負しています

 

 

薪ストーブを通してこれからの日本の暮らしを見つめ

 

多くの可能性と期待がもてる エコエネルギーハウスはこの冬に完成予定です

 

 

ファイヤーライフ佐藤代表も自信の ブログ 思いの一部をを綴って頂いてます

是非ご覧ください

 

 

 

 

 

随分と長くなりましたが 最後までお付き合い頂き有難うございます

 

今回のプロジェクトを始めるに当たり どうせやるなら精神 で多くの方々にご協力を頂く事になりました

 

「エライことになってる」 と ビビリ感と緊張感を抱えながら

 

代表 佐藤さんの言葉 薪ストーブは快適ではなく 「(こころ)がしい」で 快楽

(関係者以外には少し解り難い表現ですみません)

 

この精神にのっとり 多くの方々に 快楽を感じて頂けるように

 

まずは私が楽しんでやって行こうと思います(笑)

  

|日記|HIROYUKI MURAKOSHI|TOP|

住宅展示場

ファイヤーライフ愛知南

〒444-0124
愛知県額田郡幸田町深溝字上仲田15-1
TEL:0564-56-1370
FAX:0564-56-1388
営業時間: 10:00 ~ 18:00
定休日:水・木曜日(祭日は除く)

ファイヤーライフ愛知南  〒444-0124 愛知県額田郡幸田町深溝字上仲田15-1 TEL:0564-56-1370

Copyright ©2012 Firelife all rights reserved.