ファイヤーライフ愛知南のスタッフが日々のできごとや薪ストーブの豆知識など色々なことを綴って行きます!

2015.9.27

火入れ式・ギャッべとアンコール

最近は随分と

 

秋らしい気候になってきました

 

薪ストーブの季節も もうすぐですね

 

 

そんな中

 

ファイヤーライフ愛知南も焚付のシーズンが始まりました

 

 

 

新城市のH様

 

ピカピカのアンコールに火を灯す

 

この瞬間

 

何度体験しても良いです

 

(^^♪

 

 

 

 

とても素敵なお宅に

 

アンコールがピッタリ合います

 

 

 

そして

 

前回ご購入頂いたギャッベを広げてパチリ!

 

 

 

この日を待っていたかのような…

 

 

薪ストーブとギャッべ

 

他のインテリアと引けを取らない程の相性です

 

 

ギャッべを広げただけで

 

こんなに華やかになるんですね

 

(*^_^*)

 

 

 

ユーザー様は

 

DMが届いているはずなので御存知かと思いますが

 

10/10〜12の3日間

 

ワンズハースギャッべフェアを開催致します!!

 

 

前回も大変好評だったこのイベント

 

 

もうすぐ愛知南で開催しちゃいます!!

 

 

 

100年伝え残す絨毯

 

 

100年伝え続く思い出を

 

 

 

価格・品質

 

どこにも負けません!

 

 

 

ご興味のあるお客様は

 

ファイヤーライフ愛知南までお問い合わせ下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

|住い|未設定|TOP|

2012.8.30

住宅メンテナンス診断士

数年前から住宅の長寿命化がさけばれ

 住宅履歴書など呼ばれる新築 リフォーム時の情報を保管し活用し
きちんと手を入れて長く大切に使っていただけるようにサポートするシステムができた

「登録住宅 いえかるて」などとよばれているが

そのシステムを取り扱っているのが
NPO法人 住宅長期保証支援センター 

 

昨日 この住宅長期保証センターが開催する
「住宅メンテナンス診断士講習会」を受講

 

 

 

「住宅メンテナンス診断士」とは
平均30年で解体される住宅
ちゃんとメンテナンスすればもっと長生きできる


そのメンテナンスは何をどのようにすればいいのか
これから増えるであろう中古住宅の何をメンテナンスすれば
これから安心して暮らすことが出来るのかを
主に 住宅劣化診断 耐震診断 省エネ診断に分け
その調査結果 長期的な計画 居住者のメンテナンス指導をするために
インスペクション(建物調査)するインスペクター(調査者)ということ

 

耐震改修や温熱改修 メンテナンスは今までも学んできたが
今回の講習はそれを簡潔にまとめてある

 

診断を一次 二次 三次診断に分類し順に内容が専門的になる
今回の住宅メンテナンス診断士はあくまでも一次診断
建物を壊さずに如何に見える部分で適切な診断を行い報告する手法

 

だから改修やメンテナンスを考えてはいるが中々踏み切れない
住まい手の良いきっかけ作りになると思います
特に中古住宅の購入を検討している方には
もってこいの診断 報告となりえる

 

 

 

これから診断士としての仕事はやりませんが

既築住宅への薪ストーブ設置における

現地調査には大変役立つお勉強でした

 


この住宅メンテナンス診断士には

 

認定試験があります

 

当然受けてきました

 

たぶん大丈夫とは思う

 

受かってます様に(笑)

 

|住い|HIROYUKI MURAKOSHI|TOP|

2012.4.26

すまい

 先日 親愛なるファイヤーライフグループ代表 佐藤賢二氏のブログの中で

 

私の事が綴られていた

 

隠していたわけではないがもう一つの顔も公となったので

 

開き直って 住いのことを少し

 

なぜ 薪ストーブの虜になったのか

 

それは四季のある日本の家にとっても相性のいい暖房

 

少し長くなりますが

 

日本三大随筆の一つとされる「徒然草」第五十五段の中で

 

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。

 

暑(アツ) き比(コロ)わろき住居(スマヒ)は、堪へ難き事なり」

 

 

吉田兼好は住宅の専門家ではありませんが

 

ただ住むこと 暮らすことをを考えてこの一節を綴ったと思います 

 

 

寒い冬より 高温多湿な夏のほうが暮らしにくい

 

だから 軒を深くし日射を遮り 引戸により開け放ち風を通す家ができた

 

自然に立ち向かうのではなく 受け入れ いかに快適に暮らすかを考えた

(これこそが まさに パッシブハウス)

 

しかしこんな夏型の家は冬が寒い が 故人はそこは我慢をして乗り切ったのでしょう(笑)

 

 

現代の住いは省エネの追い風もあり高気密高断熱化が進んでいる

 

しかし高気密高断熱だけでは夏涼しく冬温かい家にはならない

 

ある意味 冷暖房費を抑える省エネの効果は大きくなる

 

本来 エネルギーを使わず快適に暮らせる事が大事

 

それには故人に習い 先程の写真のような家がいいとは言わないが

 

パッシブ要素を取り入れた夏をしのぐ家が理想だ

 

ただ その家は日射を遮り 大きな空間になる と言うことは・・・・・

 

当然 現代を生きる私たちが冬をまともに受け入れ暮らすことは厳しく健康にもよくはない

 

大きな空間を如何に経済的でかつ環境負荷を少なく暖めるか

 

枯渇することが目前の化石燃料 原発に白旗を振って電気をつかうか

 

どちらも気が進まない

 

でも暖かい家で心地よく暮らしたい その為の理想の暖房が

 

 

薪ストーブ

 

 

因みに 先程の高気密高断熱の住宅が悪いと言っている訳ではなく

 

私の手がける住いも結構な高気密高断熱です

 

外部からの熱の侵入 内部の損失を考えれば断熱はしなくてはなりません

 

そうなるとここまでの暖房は要らないのでは という方もいますが

 

 

薪ストーブの魅力は 暖房だけではありません

 

ただ暖かいだけでは豊かさや幸福をえることはできません

 

薪ストーブライフ で             じゃkljkqwjdぴjqwdぴjっこいで 豊かな暮らしを始めてみませんか

 

 

 

 

 

 

 

|住い|HIROYUKI MURAKOSHI|TOP|

住宅展示場

ファイヤーライフ愛知南

〒444-0124
愛知県額田郡幸田町深溝字上仲田15-1
TEL:0564-56-1370
FAX:0564-56-1388
営業時間: 10:00 ~ 18:00
定休日:水・木曜日(祭日は除く)

ファイヤーライフ愛知南  〒444-0124 愛知県額田郡幸田町深溝字上仲田15-1 TEL:0564-56-1370

Copyright ©2012 Firelife all rights reserved.