ファイヤーライフ京都のスタッフが日々のできごとや薪ストーブの豆知識など色々なことを綴って行きます!

2019.7.16

祇園祭

祇園祭「前祭宵山」真っ只中の京都です。

昨日の様子です。

ありがたいことに雨も降らず、賑わっていました!!

|日記|Tomoko Mitsuya|TOP|

2019.7.9

梅雨

FL京都スタッフ、フェンス塗装中。

梅雨時期も頑張っていきましょう!

 

 

|日記|Tomoko Mitsuya|TOP|

2019.6.12

炭と灰

 

薪ストーブのシーズンが終わって、アウトドアで焔を楽しまれている方も多いのではないしょうか。

ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、ここで自然のために大事なことをひとつ。

 

 

「炭は自然に還りません」!!

 

 

 

バーベキューや焚き火などで残った炭は火消し壺に入れ持ち帰るのが基本ですが、自然に帰ると思って埋めたり放置したりしてしまう方も一部いるようです。

 

でも、炭は自然には還らないんです。

なぜなら炭はほとんど炭素の塊で、あと含まれるのはちょっとのミネラル(金属)くらい。

元素記号は「C」。

つまり放置してもそれ以上分解されることはありません。

 

燃やすことによって初めて酸素(O2)と結合し、熱エネルギーと二酸化炭素(CO2)を出すのです。

そしてミネラル分である灰だけが残ります。

 

 

わたしたちも、たとえアウトドアで酔っ払って楽しくなっちゃっても

炭は管理して持ち帰りましょうね!

 

 

 

一方、灰のほうですが…

 

 

アウトドアでも、薪ストーブを使用していても、最終的に残る灰。

こちらはミネラルですのでさまざまな用途に使えます!

 

灰はカリウムやリン酸が含まれておりアルカリ性です。

酸性に傾きやすい土に少量混ぜることで、植物の育ちやすい弱酸性になります。

害虫も防げますよ。

 

 

また陶器を作る際の釉薬としても活躍します。

弊社では清水焼のお店がたくさんまわりにあり、ショールームで出た灰を譲ってほしいと頼まれているほどです。

薪ストーブで出た灰は純粋に薪を燃やしてできたとても良質なものなので、陶芸作家さんも安心して使えるようです。

 

 

 

もちろん山菜のアクぬきや殺菌にも使えます。

ごみを出さない、昔ながらの知恵というのは偉大ですね。

|日記|Tomoko Mitsuya|TOP|

2019.5.29

山での薪割り

日曜日のこと。

ファイヤーライフ京都薪割り場です。

 

 

長い丸太を頑張って玉切りにしているのは、

昨年11月に弊社で薪ストーブを設置してくださった滋賀県大津市のH様。

危なくないようにチェンソーの使用方法など弊社社長のアドバイスを受けながら、初のご自身での薪づくりです。

 

 

5月は薪作りにもってこいの季節のはず…といってもこの日の気温は30℃超え!

暑い中であまり無理できなかったのですが、それでもご主人は手際よく半日でほとんどの原木を玉にできたそうです。ご家族も見学にいらしていました。手際よくアウトドア作業をこなすお父さんの姿、かっこいいですね!

 

 

原木で購入しご自身で割っていただくと、山で体を動かすというアウトドア的な楽しみ方ができるのはもちろんですが乾燥薪を買うより金額も大幅に抑えられます。

 

割った薪を薪棚に積みあげて時間をかけて乾燥させていく…という、季節と共に流れるゆったりとした時間を楽しめるのも魅力ですね。心にも余裕ができそうです。

 

作った薪を使う日が楽しみですね。

H様、暑い中お疲れ様でした!

|日記|Tomoko Mitsuya|TOP|

2019.5.23

薪割り場

ずいぶん暑くなってきました。

週末の京都は30℃を超えるようです。

夏にはさらに気温が上がるなんて信じられないですね…。

 

    

ここのところ、設置されたお客様から

「ファイヤーライフ京都薪割り場」のご予約が続々と入ってきています!

 

 

弊社では、立米単位の薪販売はメンバー様限定となっております。

薪割り・乾燥済みものを購入する場合は1?あたり¥28,000ですが

原木を購入いただき、ご自分で割っていただくのであれば1?あたり¥12,000〜¥8,000と低コストです。

アウトドア感覚で薪割り自体を楽しみたいお客様はおすすめです。

 

 

弊社で薪ストーブを設置してくださったお客様が

ファイヤーライフ京都薪割り場で薪を割っていただく際は、

チェンソーや薪割り機を無料で貸し出ししておりますのでご安心ください。

 

 

またご自宅で大量の薪を保管することができないお客様向けに、

レンタル薪置き場もご用意いたしております(年間3万6000円)。

 

 

薪は割ってあげることで乾燥が始まります。

原木の種類にもよりますが6ヶ月〜1年半で乾燥し、使用に適した薪となります。

慣れた方は乾燥の具合がわかると思いますが、

使用する際は含水率系で20%以下になったのを確認すると安心です。

 

 

ファイヤーライフ京都の薪割り場は弊社設置のお客様限定・ご予約制です。

どうぞ気温が跳ね上がる前、初夏のうちに薪作りを楽しんでくださいね♪

 

|日記|Tomoko Mitsuya|TOP|

New Article

Archive

Category

Staff

RSS

ファイヤーライフ京都

〒607-8305
京都府京都市山科区西野山中臣町26-55
TEL:075-644-6665
FAX:075-644-6036
営業時間: 10:00 〜 18:00
定休日:木曜日、第3・第5日曜日

ファイヤーライフ京都CM

ファイヤーライフ京都 遊びChu!出演

ファイヤーライフ京都が時報をお送りします!PPPぽっ〜ん

ファイヤーライフ京都  〒607-8305 京都府京都市山科区西野山中臣町26-55 TEL:075-644-6665

Copyright ©2012 Firelife all rights reserved.