ファイヤーライフ京都のスタッフが日々のできごとや薪ストーブの豆知識など色々なことを綴って行きます!

2018.5.10

換気扇

気温の変化が激しい日々が続いていますね。

ストーブをきれいにメンテナンスをして来シーズンに備えたくても、きのうや今日みたいに寒い日にはまだまだ使わざるを得ない…そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

実は、毎年こういったシーズンになるとご紹介している便利なストーブの使い方があるのです!

それはこうしてストーブの扉を開けたまま、火が鉄の箱に囲まれた「薪ストーブ」ではなく、扉のない「暖炉」のように使うこと。

 

 

燃焼するために必要な酸素がたくさん入ってくるので薪はよく燃えますが、冷たい空気が開いた扉から常に取り込まれて熱くなったとたん上昇して煙突から出て行くため、ストーブそのものの温度は上がりにくくなります。自然の換気扇のようなものですね。

 

真冬の場合は扉を閉めて熱を閉じ込め、ストーブ自体の温度をじっくりと上げて、輻射熱で部屋の空気を温めることでお部屋がぽかぽかになりますが、この季節の寒い日ですと「暖炉」つまり自然の換気扇つきの焚き火…くらいの暖かさでちょうどいいんです♪

このままストーブ内の炭の上に網を乗せバーベキューをすることもできますし、湿った空気がストーブに吸い込まれて煙突から出て行くのでお部屋の湿気取りにもなります!

 

 

毎年このようにして寒い日暑い日を繰り返して梅雨が、そして夏がやってきますが

不安定なこの時期は、晴れた休日は薪作り、雨の日は室内バーベキューなどを開催したりして

夏が来るまでもう少し薪ストーブライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?

|日記|三屋智子|TOP|

前へ 次へ

ファイヤーライフ京都

〒607-8305
京都府京都市山科区西野山中臣町26-55
TEL:075-644-6665
FAX:075-644-6036
営業時間: 10:00 〜 18:00
定休日:木曜日、第3・第5日曜日

ファイヤーライフ京都CM

ファイヤーライフ京都 遊びChu!出演

ファイヤーライフ京都が時報をお送りします!PPPぽっ〜ん

ファイヤーライフ京都  〒607-8305 京都府京都市山科区西野山中臣町26-55 TEL:075-644-6665

Copyright ©2012 Firelife all rights reserved.