ファイヤーライフ京都のスタッフが日々のできごとや薪ストーブの豆知識など色々なことを綴って行きます!

2018.5.15

斧について

 

本日、外気温31℃の京都です。

急に暑くなりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて今回はシーズンオフのお話として、薪を作るのに欠かせない「斧」について書いていきたいと思います。

 

 

 

1.用途に合わせて選びましょう

 

斧には大きく分けて2つの種類があります

●焚き付け用の小さい斧 

 ※小ぶりなので小さく割るのに適しています。

 この焚き付け用の斧を薪割りとして使用すると、刃が細いのでがっつり丸太に食い込んでしまいます

 

 ●薪割り用の大きい斧 

 大きい薪を割るのに適しています。

 この薪割り用の斧を焚き付けに使おうとしても、斧が大きく重たいので小さい薪への狙いが定めにくいうえ、手首に負担がかかります

 

 

 

2.腕の力に合った斧頭の重さを選びましょう


●焚き付け用 

→片手で持ち上げた時に手首が「重い」と感じない程度のもの 

●薪割り用 

→両手で持ち上げた時に無理を感じないもの

 

 

 

3.身長と力に合わせた長さの柄を選びましょう

 

柄が長いほど強い力で割れますが、斧身が重く感じて扱いづらくなります。

背が高く力が強い方→柄が長くてもOK 

小柄な方力のない方→短い柄がおすすめ 

※初心者のかたも短めがおすすめです 

 

 

 

4.柄の強さは木目で見分けましょう

 

薪割りの際に衝撃を吸収し割れにくい斧は、柄の長い方へ木目が流れています

※塗装で柄が全く見えないものは注意が必要です

 

 

 

5.試し割り 

 

購入前に必ず試し割りをして、

自分に合う柄の長さと斧身のバランスをチェックしましょう!

 

上記内容を参考にしてシーズンオフの薪作りを楽しんでいただき、冬の薪ストーブライフに備えましょうね! 

 

|日記|三屋智子|TOP|

前へ 

ファイヤーライフ京都

〒607-8305
京都府京都市山科区西野山中臣町26-55
TEL:075-644-6665
FAX:075-644-6036
営業時間: 10:00 〜 18:00
定休日:木曜日、第3日曜日

ファイヤーライフ京都CM

ファイヤーライフ京都 遊びChu!出演

ファイヤーライフ京都が時報をお送りします!PPPぽっ〜ん

ファイヤーライフ京都  〒607-8305 京都府京都市山科区西野山中臣町26-55 TEL:075-644-6665

Copyright ©2012 Firelife all rights reserved.