ファイヤーライフ天理のスタッフが日々のできごとや薪ストーブの豆知識など色々なことを綴って行きます!

2012.5.31

無理解?「帰ってこいよ!」

あれは、東日本大震災から幾月か経ってからの事、私共のお客様の処へ、メンテナンスの為に

東北は、宮城県から2人の屋根材の、玄晶石葺き職人さんに、奈良市まで来ていただきました。

それも、後日分ったことですが、その職人さんは私の友人H.Iさんとかなり親しい人であり

薪ストーブ繋がりの人であった。

今さらにはなりますが、「ありがとう」って伝えたい。感謝しております。

この事が、2枚の紙を見て、妙に、脳裏を何回も横切り

パソコンに向かい、今の想いを打ち込まずには、いられなくなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・24

 

俺は待ってるぜ!(俺だけでは無いと思う)

 

広いようで狭い日本

 

人と人の縁、出愛 とは、不思議なものですね。

 

 

|ブログカテゴリ|SHIGEO MORI|TOP|

2012.5.21

「薪御能」

奈良 興福寺の「薪御能」は、旧暦における迎春法要であり、西暦869年より始まり、

「屋外能」として全国各地で行われている。

今では、5月の第三金・土曜日に行われるようになっています。

その源流は、神仏事の神聖な儀式にあります。

 

興福寺の様々な法要は、すべて春日大社の神々の擁護を仰ぎ、御仏に奉げる薪は、

春日の花山から運ばれる。

 

そこで、私たち薪ストーブユーザーは、常日頃、薪で火を焚き神聖な場所で生活しているのであろう。

薪に、感謝です。

 

「薪御能」 (まきOH!ノー、ではありません。たきぎおのう です。ご注意を)

 

因みに、「塔影能」は10月6日(土)の開催予定です。

 

 

 

|ブログカテゴリ|SHIGEO MORI|TOP|

2012.5.17

「ダイエット」と「リバウンド」天理の森の木編

 そもそも落葉樹は、春夏にかけて大地より水・養分を吸い上げ、太陽の光を浴び、枝葉を伸ばし成長を遂げる。

秋冬には葉を落とす、そして、地表で腐敗し栄養分として撒き散らして次の年へと備え、低草木及び虫たちを育ててくれる。

そして木は年々成長し大きくなってゆく。

 

 春夏に太り、秋冬には休むのである。

その結果、成長の差が夏目・冬目の境目が「年輪」となって現れ、木の成長年齢がわかる。

人も、その数、すなわち「ダイエット」と「リバウンド」の数で、その人の年齢がわかるのである?

私の勝手な、持論でした。

 

 下の写真は、約66歳です。私共のお店は、以前ログハウスでした、その丸太を、腰掛の椅子として活用しています。

捨てるに捨てられず、約66歳ですがそれ以上に長生きし、目に見えない年齢を重ね、貢献していくことでしょう!

 

|ブログカテゴリ|SHIGEO MORI|TOP|

2012.5.13

「お祝いに駆けつける」を忘れた?

5月9日 S様邸上棟です。誠におめでとう御座います。

突然、雨が降り出し、建設会社 社長様に傘をさしだす、私はお祝いを持って祭壇へ駆けつける。

社長様自ら上棟式の進行、略儀でもありながら素晴らしいものでした。

雨も上がり、無事終了。

「清めの雨」だったみたいです。

 

誠意に誠心誠意でした。

 

最近、良く見かける、桧・杉材のみの構造です。建設会社様は、「チルチンびと」にも何回か掲載されておられます。

 

 

(追記)先日の佐藤代表のバトン受け取りがあり、遅くなりました。忘れてはいませんでしたが。

 

    ここで、プレッシャーを与えます。 山形店の長岡さん「ダイエット」と「リバウンド」の構想は?下書きでもされていますか?

   リレーバトンじゃなく、駅伝の襷になりそうですなあ〜。

   この、プレッシャーは何人の方?が感じられているのでしょ〜ね。

   きっと、皆さん、お仕事が忙しいのでしょう。

 

        以上 天理店 森茂雄でした。

 

あっそうそう!忘れた!ブログ画面の私の顔を、突っつかないでね!パソコンが壊れますよ!(憎きもりめっ!て聞こえてきそう?)

皆さん、心の広いひとたちですからね!

 

あっそうそう!もうひとつ忘れてました!5月16日 16時30分よりラジオに生出演します、私が。

「ならドットFM」ですが、残念ながら奈良県北部のみ受信可能です。宜しくお願いします。

これで、私にも、プレッシャーが!・・・・・もう、3回目なんで、大丈夫でしょう?

|ブログカテゴリ|SHIGEO MORI|TOP|

2012.5.11

「伝え残す責任」と「喜び」

光栄にも、佐藤代表のご指名によりバトンを受け取りましたが、変なレース展開の様相になってきましたね!

では、がんばって走ります!

 

何年か前の夏のある日でした。(私事ですがお許し下さい)

これといった物も準備せず、奈良県は東吉野村を目指して川遊びに出かけました。

子供の安全だけを考えて、ライフジャケットとロープは用意しました。

車中、子供や妻が「パパ お昼ごはんは、どうするの?」と私に問いかけ、休日ですし、のんびり家で過ごしたかった私です、そそくさと、出かけたものですから、「弁当、買っていこうか?」の問いかけに、「バーべキューしたい!、焼きそばしようよ!」(そんな事できるわけないのになあ〜と思いながら)道中のスーパーに立ち寄りました。

私の頭の中は、まだ寝ボケ状態、スーパーには色々な商品が陳列(当たり前です)、そこで閃きました、購入したのは、適量のフランクフルトとウィンナー(勿論、生です)俺にまかしとけ!の勢い。

 

現地に着いて川辺の枝葉を集め、これで火を熾すぞ!  せっせと皆でフランクフルトを焼くために昼食の準備

子供・妻も不安ながら皆頑張る・・・石で囲い火を熾し始め物を焼く、不安的中、直火で焼いたものだから煙臭くて・・

「食べられへんや!」の子供の一言、大変ショックな私。(それなりの薪や炭だったら大丈夫であったであろう)

 

廻りの家族たちは、バーベキューで盛り上がりその香りで私達を一層不安におとしいれて行く、何とかせねば

川辺なので石ころだらけ(また、当たり前ですが)・・・私の目に飛び込んで来たのは平たい石(また、閃いた)

 

石を積みなおし、石焼きフランクフルト、石に油がなじんで焦げ目もつく、枝を折って物に切れ目を入れる。

廻りの家族子供たちは、唖然と見ている。私は、どや顔の、俺って天才やろ〜!・・・●●の代表みたいには・・・敬意

何とか家族には、喜んでもらえて父親としての役割をはたせた。予想以上に美味しかった、調味料無しでも。

 

息子も、火を熾す。再度焼く、フランクフルトの棒は再利用でウィンナーに刺して、また焼く。

 

当たり前に、地球の自然界で生きていて、というか、生かされていている私達、自然界に当たり前に感謝して、自然体で生を営む本来の人としての、生き方を教えられた私達の人生の一場面でした。

 

では、次にバトンを受け取ってくれるであろうと信じて、8人目走者、山形店の「長岡さん」よろしくお願いします。

(はっきり言って、短距離走のバトンよりも駅伝の襷のような気持ちです。ブログが書き込み中に突然消滅しますね!)

 

お題は、「ダイエット」と「リバウンド」

 

勘違いなさらないで、女性やT氏の事ではありませんので!

 

 

 

 

 

|ブログカテゴリ|SHIGEO MORI|TOP|

ファイヤーライフ天理

〒632-0011
奈良県天理市石上町428-1
TEL:0743-65-4146
FAX:0743-65-5187
営業時間: 平日・祝祭日13:00~18:00  土・日曜日10:30~18:00
定休日:水・木曜日 お盆 年末年始 不定期休あり

ファイヤーライフ天理  〒632-0011 奈良県天理市石上町428-1 TEL:0743-65-4146

Copyright ©2012 Firelife all rights reserved.