ファイヤーライフ天理のスタッフが日々のできごとや薪ストーブの豆知識など色々なことを綴って行きます!

2012.7.30

「ふ幸の始まり」

彼は、ビジネスの生幸(成功)者だと思います。

彼との出会いが無ければ私達は・・・・

今、この事を思うだけでも恐ろしい。

成幸しようと思えば、、彼の真似、すなわち、彼の言うとおりに行動すれば良いのである。

と、口で言うのは、簡単ではあるが、なかなか行動に移すのは?・・・である。

例えば、子供たちは? 親の言う事をなかなか聞き入れないが、親の真似をする。

そして、成長する。それが良いかどうかは別にして、親が鏡、子供が鏡であると思います。

 

さて、話は変わり、私共のお店に来店されたが、他店で設置された方はどうでしょう?

20〜30年後の災いの対処をされた工事をされているのでしょうか?

心配・気懸りでなりません。不幸に思いますが、老婆心でしょうか?

 

とある工務店の、ショールームに於いても、「不燃断熱蓄熱の炉台が無い!」

私達にとっては、恐ろしくてなりません。

20〜30年後以内に、大変なことになるでしょう。

 

と、恐ろしい事を書きこみましたが、

私共のお客様・私共も、付幸に成る事を願って、

正しい薪ストーブの設置に邁進してまいります。

 

彼=佐藤氏でした。

 

 

 

 

|ブログカテゴリ|SHIGEO MORI|TOP|

2012.7.28

夏は冬思いです

      

 

 

 

 

 

 

       絵にしました

 

 

 

 お絵かき大好きです!ずっと薪ストーブの絵をいつか描いてみたいなぁと思いました。夏は冬思いですね!豊かな緑と真っ赤な薪ストーブの炎,絵にしたら分らないかもしれませんが、きっと何だかな因果関係をあるでしょうね…… 

 

 

    

 

 

 

 

    

 

 

 

 

    

 

 

 

    

    

 

 

 

 

 

 

 

|ブログカテゴリ|MEI MORI|TOP|

2012.7.15

「ブー」と「すき間」

 最近の建築は、気密性が高い、ようするに、建物自体にすき間が少ない家が多い、と言う事になります。

薪ストーブを設置するにあたり、そのすき間が大事になってくる訳です。

燃焼に、当然、酸素(空気)が必要になり、高気密の建物ですと、外気からの空気の導入が、不可欠に

なりますが、設置可能になります。しかし、そういう工法(高気密の家)だから、薪ストーブの設置が不可能、と思っておられる方が、

多いように感じます。要するに、「ブー」(不可能)。又、高断熱の建物に於いても、煙突設計により同じ事がいえると思います。

 

 昔ながらの、木製建具や引戸等は、ドアに比べて、「すき間」が多く、薪の燃焼時の空気導入のことは、

ほとんど、意識・計画しなくても良いのではないかと思います。

 あと、換気扇・給気口の設置場所等の計画、室内建具・たれ壁を含む、全体の空気の流れが大事に、

なってくると思います。

 

薪ストーブ1台で、ほぼ家中が暖まり、冬の脱衣場なんかも超快適です!

 

 以上となりますが、

タイトルの、「ブー」と「すき間」を昔のように、右から読むと、間きすとーブ

すなわち、薪ストーブになります。

昔ながらの、すき間の多い家もいいですね!

ちなみに、私自身も「すき間」だらけです。

|ブログカテゴリ|SHIGEO MORI|TOP|

2012.7.8

薪ストーブに魅せられた人々(1) subtitle「薪ストーブの神様」

 ブログリレー。本題の第四走者に、藤岡店の塚野社長より御指名を受け、有難う御座います。

(遅くなりましたが、葉書有難う御座いました。)

タイトルの中の一人の私ですが、そもそも、薪ストーブと私との出会いは、カナダです。

建築業を営んでいる私ですが、ログハウスの仕事で、カナダはバンクーバーアイランドに行った時、

それは、今から20余年前の1月に、カナダへ渡り、5人のログビルダー仲間を率いて現地に着くと、

大雪、ログハウス造りにはならず、考え方を替え、ウィスラーへと、スキーを楽しむ。帰路に、

「薪ストーブ店」に立ち寄る、そこで、私の目にとまったのは、バーモントキャスティング社製の

「レゾリュート」に一目惚れ、「Please!」で購入です。横に置いてあった、ファイヤーツールも、

ついでに、購入。

 次に、チェーンソーのお店を訪問、ハスクバーナー製の68ccエンジンの物と、40ccの2台購入

(ログビルダーにとっては、ハスクバーナーのチェーンソーは、憧れです。我々の代表、佐藤賢二氏

曰く、「ハスクバーナーは、ジェイソンが使っていたから、嫌いなんだよな!」と、言っていた。)

ログハウス造りも終え、コンテナに積み込み、いざ神戸まで1.5ヶ月。

 帰国後、お客様のログハウスの本組みを終え、薪ストーブ設置とは至らなかったが完成。

私共の事務所に設置し、薪ストーブユーザーとしてスタートをきりました。

 私事になりましたが、すいません。

 

 

 お客様ご来店、「いらっしゃいませ!」。

そのお客様が「薪ストーブ使っているんだけど、暖まらないんだよ!」

「何処の、ストーブお使いですか?」と聞くと

「ベ○○ー製の、○○○ー○ー○ィン」

そのストーブは輻射式ではありますが、二重構造になっているため熱が伝わりにくいです!

 

・・・・さておき、お客様が「薪ストーブに毎日、手を合わせて拝んでいます。」

訳をきくと、思春期の子供さんが二人いて、学校から帰ると、自分の部屋に閉じこもりきりだったそうですが、薪ストーブをリビングに設置したとたん、その廻りに家族の輪ができ、会話が弾むようになって、ものすごく感謝しています。「私にとって神様です。」と言う事でした。

ストーブグッズを購入いただき、薪造りの為に買った、軽トラックに乗って勢い良く帰られました。

 

 薪ストーブが神様なら、自然の恵みである「薪」も神様か?神様の使いの天使?でしょうか。

私の、「チェーンソー」や「斧」もそうかもしれません。

 

 今年は、「オリンピックイヤー」ですが、その聖火も絶えることなく、燃え続けています。

今、ギリシャ、のみならずユーロ諸国・世界経済は大変ですが、

家庭の中に、炎があれば幸せになり、そして世界中が幸せになるのではないかと・・・・

願いを込めて!

 

 余年(四年じゃなく)に一度、薪ストーブを設置してみてはどうですか!皆さん!

 

5人目、襷をお渡しするのは、「人との出会いで、人生・全てが決まる」のような画面をみましたが、私も、そう思っています。私の大先輩だと思います、両毛店の植木社長様よろしく。

 

 

 

 

 

 

|ブログカテゴリ|SHIGEO MORI|TOP|

ファイヤーライフ天理

〒632-0011
奈良県天理市石上町428-1
TEL:0743-65-4146
FAX:0743-65-5187
営業時間: 平日・祝祭日13:00~18:00  土・日曜日10:30~18:00
定休日:水・木曜日 お盆 年末年始 不定期休あり

ファイヤーライフ天理  〒632-0011 奈良県天理市石上町428-1 TEL:0743-65-4146

Copyright ©2012 Firelife all rights reserved.