ファイヤーライフ天理のスタッフが日々のできごとや薪ストーブの豆知識など色々なことを綴って行きます!

2014.10.27

「メロン」に込められた思い

 私たち、「薪ストーブ・煙突専門店」ファイヤーライフグループは、常に、お客様のことを考え、安心・安全に薪ストーブライフを楽しんでいただけるために、特に、煙突に於いては、欧米基準又は、それ以上の基準で、全般的に施工を行っています。悲しいことに、日本国内では、細部に及ぶ法基準がありません。私たちは、世界のトップを誇る部材・技術を取り込み、それ以上の物を造り上げていきます。一方、数年で朽ちたり、歪んだり、重量を支えきれない部材があります。やはり、アルミ製よりステンレス製、低断熱より高断熱の二重煙突の方が良いのは、言うまでもないはずが、日本国内では、まだ、「煙突を熱くして暖を採る」という、ファイヤーライフグループの感覚では、間違った常識が世間の常識のようになっています。また、多方面の建築会社さんや、他薪ストーブ店さんでは、貫通部分や屋外以外では、シングル管(煙突)を、(薪ストーブ業界では、「継手材」と呼んでいる)勧めているところも、少なくないみたいです。そこで、皆様方が、薪ストーブを設置しようと思われた時・決断された時、前述のような内容を勧める業者さんを、選択するか否かは言うべきでもないとは思います。また、薪ストーブ店を、「下請け」にしている場合も、よく思案された方が良いと思います。ファイヤーライフグループが、「世界一流の断熱二重煙突」を、標準仕様で施工していますので、ここ最近は、前述のような業者さんも少なくなりつつあるみたいです。でも、そこにも大きな落とし穴があり、ステンレス煙突の純度・断熱材の種類も大事ですので、注意してください。設置計画に於いても、「吹き抜け設置」・「煙突の壁だし」を積極的に勧められるのも、注意してください。

 そこで、なぜ「メロン」なのか? 私たちファイヤーライフグループの皆は、少なくとも今夏、「メロン」を食されたと思います。例えば、「アンデスメロン」の名前の由来は、安心・安全の「あんです」から、名付けられたみたいですが、私たちは、さらに、煙突と共に、まっすぐ一直線に、メロンの思いにこだわってまいりますので、ご愛顧の程、よろしくお願いいたします。

|ブログカテゴリ|SHIGEO MORI|TOP|

2014.10.22

ピッツア教室開催致します

 2014.10.25(土)、第一部11:00より、第二部15:00より、当店に於いて開催いたします。

完全予約制の各部、限定3組とさせていただきます。お問い合わせ及び、お申し込みは、電話にて、当店まで,よろしくお願い致します。

 

|ブログカテゴリ|MEI MORI|TOP|

2014.10.5

2014年秋,TURNがデビューしました!

       

     Skantherm 新しい仲間入り

 

     

 

     

 

     

 

     

 

|ブログカテゴリ|MEI MORI|TOP|

ファイヤーライフ天理

〒632-0011
奈良県天理市石上町428-1
TEL:0743-65-4146
FAX:0743-65-5187
営業時間: 平日・祝祭日13:00~18:00  土・日曜日10:30~18:00
定休日:水・木曜日 お盆 年末年始 不定期休あり

ファイヤーライフ天理  〒632-0011 奈良県天理市石上町428-1 TEL:0743-65-4146

Copyright ©2012 Firelife all rights reserved.